人生後半戦の新おとな学入門

50代60代のためのニューシニア講座 働き方・暮らし方・生き方・学び方・遊び方


人生後半戦は何歳からという決まりはありません。人生100年時代だと思えば50歳からが人生後半戦でしょうし、平均寿命から考えればもう少し若く40代前半でしょうか。

健康寿命となるとさらに若くなり30代後半となります。65歳定年を意識すると40歳頃から人生後半戦が始まります。少なくとも50歳過ぎたら人生後半戦に両足が入っていることは間違いないでしょう。

人生後半戦になったからといって急に何かが変わる訳でもありません。少しずつ少しずつ変わっていくことに気が付かないふりをして毎日生きています。年をとることを考えるのは誕生日や新年1月1日だけになっていないでしょうか。

平均寿命・健康寿命



まず考えるのは「お金」、その次は 

人生後半戦を意識するとまず考えるのがまず「お金」です。生活に必要なお金がいくら必要なのか、そのお金を得るために次に考えるのが仕事・貯蓄、そして投資となります。お金がいくら必要かを考えるときには「いつまで」という期間を考えます。

当然「死ぬまで」に必要な金額を計算する訳ですが、いつ死ぬかはわかりません。いつ死ぬかはわからなくても、いつまで生きるかはある程度はコントロールできます。コントロールの手法が「健康管理」です。

年をとるにつれて健康管理を意識する人が多くなるのは、健康自体に意味があるのではなく健康で生きる期間を予測することに意義を感じるからでしょう。少なくとも健康であればいつまで生きれるかというエンドをあまり考えずに暮らすことができるわけですから。


怖いのは「孤独」ではなくて

「お金」「健康」の次に考えるのは、「老後の不安3K」によれば「孤独」だそうです。最初にこの3Kについて読んだ時には、そうなのかと思ったものでした。自分としては、「お金」と「健康」があれば老後は暮らせるかなと思っていましたし、むしろひとりのほうが気楽なこともあります。

人生後半戦を50代からだとすれば、普通に暮らしていれば「孤独」になることはないと思います。怖いのは「孤立」です。「孤独」も「孤立」も他者との関係を意味しますが、「孤独」は自分で選ぶことができても、「孤立」は自分で選ぶことはできません。

集団の中にいても「孤立」することはあります。いじめ、村八分などは孤立の最たるものですが、現実的には集団の中にいるときからすでに孤立していることもあります。定年後に人間関係が少なくなると言われるのも、定年前に自分では気づかない孤立状態に陥っているのかもしれません。




人生後半戦に考えたい4つのこと

人生後半戦の節目を迎えたなと思ったら考えてみて欲しいことが4つあります。「働き方・暮らし方・学び方・遊び方」の4つです。「働き方」は65歳定年制、働き方改革などでもうすでに考えているかもしれません。「暮らし方」は定年を境にして変えるという人が多いようです。

「定年を境にして」という考え方がすべての人に当てはまっているかというとそうとは限りません。個人事業者、小規模事業者、パート・アルバイト、主婦など定年のない人の方が定年がある人よりもはるかに多いのです。

あたかも定年を一区切りとすることが当然のように思われている節がありますが、定年は自分で決めたことではなく組織的に予め決められた制度の一部です。誰かによって決められた定年であって自分で決めた定年ではないのですから、自分で決めた区切りとは言えません。


自分で区切りを決めるために 

自分で区切りを決めることができる人と決められない人、また区切りが必要な場合と必要でない場合は対象となる事柄によっても変わります。すべての事柄について自分で区切りを決めるか、それとも区切りを決める必要がないとも考えることもできます。

「働き方・暮らし方・学び方・遊び方」の4つについても区切りを決める必要がないという考え方もできます。私自身も高校時代から働き、暮らし、学び、遊んでいましたし、大学を卒業してからも同じように今までも4つのことを並行して続けています。

ただ4つのことを一度にすべて行うことはできませんので、時間で区切って、もしくは日ごと・週ごとに区切っていますし、何歳までにという区切り方をすることもあります。人間には大きな区切りとして生まれてから死ぬまでの「一生」という区切りがあります。一生という時間を上手く使おうと思えば上手な区切り方を自分で決めることが必要になります。


定年という区切りは自分に合っているのか 

「定年後にやりたいこと」というアンケートでは、旅行、趣味・習い事、健康・スポーツなどが上位にあげられます。男性と女性の違いは、家族関係・友人関係・人間関係の深め方に差が出てきます。男性の方が関係を深めたいと思う傾向にあります。

「働き方」と「暮らし方・学び方・遊び方」を定年を区切りするという考え方が定着しているのでしょうか。例えば、旅行や趣味は今は時間もお金もなくてできないと考えている人も多いと思いますが、知識をつけるという準備ならいつでもできます。

「学び方」の初期段階はこの知識をつけるということであり、年齢・世代に関係なくいつでもできます。学校制度という日本の教育制度の一部分だけが学ぶ方法ではありません。人から教えてもらって学ぶ方法もあれば、自分で自分にあった学ぶ方を見つける方法もあります。必ずしも定年という区切りが自分に合っているとは限りません。




人生前半戦との違いは受け身にならないこと

「学び方」だけではなく「遊び方」も同じです。子供の頃に「遊び方」を覚えたことを思い出してみてください。最初は誰かから教えてもらったかもしれませんが、その後は自分で遊び方を工夫し発見していたのではないでしょうか。

「働き方・暮らし方・学び方・遊び方」の4つのすべてが誰かから教えてもらうだけではなく自分で考え自分で見つけることができるはずです。人生前半戦は誰かから教えてもらうことで「働き方・暮らし方・学び方・遊び方」を身につけることが多かったとしても、人生後半戦は自分で自分の「働き方・暮らし方・学び方・遊び方」を身につけるようにしてはどうでしょうか。

定年という区切りではなく、人生の区切りを自分で決めることで、人生後半戦の生き方が人生前半戦とは変わってくると思います。「自分で決めること」ができるのは生きている間だけです。老後の不安である3K、「お金・健康・孤独」の不安は自分で決めることができないために生まれる不安とも言えます。


人生後半戦を4つに分類して考える

以前、手帳でスケジュール管理を行っていた頃、4色ボールペンを使っていました。「仕事・生活・学習・趣味」に分けて予定を書き込んでいました。予定だけでなく気の付いたメモも4色に分けて書き込んでいました。

今ではGoogleカレンダーを使ってスケジュール管理を行っていますが、マイカレンダーを4色に分類して使っています。スケジュールだけではなく考え方自体も「仕事・生活・学習・趣味」、すなわち「働き方・暮らし方・学び方・遊び方」に分けて考えるようになりました。

この考え方が良い悪いということではなく、自分にあった考え方を見つけ、取り入れていくことが必要だと思います。人生後半戦は受け身だけではなく自分にあった方法を見つけ活かすようにしたいと心がけています。



手帳を使っていた頃に4色フリクションがあったらな~



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ