人生後半戦の新おとな学入門

50代60代のためのニューシニア講座 働き方・暮らし方・生き方・学び方・遊び方


「新おとな学入門」は「新おとな学Ver.2」として新しくなりました。
新しいURLは https://www.snias.com です。
よろしくお願いいたします。


心筋梗塞を発症したのが昨年の9月、やっと1年経ちました。退院したのが10月、10月~1月頃までは、血圧も高くてまた発作が起きるのではないかと緊張して過ごした3ヵ月余りでした。
新おとな学 Ver.2 について


体調は良くなってきたが体力が衰えてしまった


今度は血圧が低くなった

年が明け今年になってからは体調が少しずつよくなってきたものの、2月~5月までは体力がなくなったのと同時に高血圧が嘘のように下がりました。さすがに血圧が100-60となったときは寝込んでしまい、翌日になって病院へ駆け込みました。血圧が安定しないのは心理的によりも身体的に堪えました。

半年で老け込んでしまった

5月頃から私の住んでいる札幌も暖かくなり、自分でも体調が良くなったのが分かりました。が、しかし、久しぶりに会う友人知人には、老けた、やせこけた、容貌が変わったなどと言われる始末でした。たった半年で髪が白くなり毛が抜けたせいもあるのでしょう。

少食になり筋力も衰えた

自分でもわかるのが筋力の衰えです。入院前なら食べたらそれなりに太り、運動をすればそれなりに筋力が付いたのですが、今は減塩食ということもあり量は食べられず、そのせいか少食になった気がします。筋肉をつけようと思い試しにプロテインを飲みましたが胃腸の調子が悪くなってしまいました。

飲めない・食えない・遊べない

筋力の衰えは体力の衰えにもつながり、長時間と言っても2時間程度のデスクワークでも疲れてしまいます。飲めない・食えない・遊べない、おまけに働けないとなると、これから先どのようにして生きていこうかと考えたのも最初の内だけで、どうにかは生きていけることがわかりました。




楽しみがなくなったので違う楽しみを見つけようとした


生きる目的、楽しみがない

生きる目的という大げさなものではなく、飲めない・食えない・遊べないとなると楽しみがありません。今までと同じ楽しみではなく、違う楽しみを見つけようとも考えましたが思いつかず、結局、働くことで楽しみを見つけようという答えにたどり着きました。

WHY-HOW-WHATの中心に

飲む・食べる・遊ぶというのは自分中心の考え方ですが、働くというのは自分のためだけではなく他の人のためにも働くことができるからです。サイモン・シネックの本やTEDでも語られていますが、WHY-HOW-WHATという考えのさらに中心がWHOを置いてみたわけです。



誰かが楽しくなる仕事と働き方

自分が楽しくなくても誰かが楽しくなって、その楽しさを自分も共有できれば自分も楽しくなるという、ごく当たり前のことにたどり着いたのです。人生後半戦になるまで、人のためになる・人の役に立つ・幸せになることを考えがことはあっても、誰かを楽しませるのではく、誰かが楽しくなる仕事と働き方を考えたことはありませんでした。

答えがないことを考えていた

そうこうするうちに体のことを1年間は最優先で考えようと決めてからその1年間が経とうとしています。真冬の寒さ厳しい頃からなんとなく、あれこれ考えてもなんか違うという答えがでない状態が続いていました。もしかすると答えがないのかもしれないと思い始めたのが2ヵ月ほどのことです。

ブログを止めようかと思った

すごい遠回りした1年のような気もします。考え方によっては1度は心臓が止まって生き返ったと思えば、まだ1年しか経っていません。気長にと言えるほど人生後半戦は長くはないので、1年経ったところこのブログを止めようかとも思いました。一方でブログに限らず、伝えることでなにかできないかとも思っています。




楽しさを見つけるためにいろいろと変えてみることにした


ブログサービスを変えてみる

結論としてブログは止めませんせん。ただ大きくブログのスタイルを変えようと思っています。例えばlivedoorblogにはお世話になりましたが、https対応にいるなるかが未だはっきりしませんので、https対応のブログサービスに変更しようかと思っています。一番大きな理由は気分転換ですが。

仕事と生活の仕方も変えてみる

仕事と生活の仕方も変えようと思っています。週休3.5日、要するに週の半分は休みます。仕事として働くのが週の半分、生活として働くのが週の半分です。1週間働きっ放しで休みはないのかというと、そういうことではなく毎日こまめに休みます。このサイクルが今の体には一番良いのです。

心臓に悪い考え方を変えてみる

精神的というか心理的というか、もう1つ決めたのが「頑張らない・我慢しない・無理をしない」ということです。心臓に悪いのは肉体的な要素や刺激だけではなく、精神的・心理的な状態も影響がありますので、神経質にならない・ストレスを溜めないことも大切です。

いい年をこいて何を言っている

そんなことで誰かを楽しくする仕事ができるのかと思うかもしれません。いい年をこいて何を言っているのだと思うかもしれません。浅はかなと思うかもしれません。実際に友人知人に話したところ、これらのようなことを言われました。それでもこのようにブログに書くのは「本心」で思っているからです。




働くことで対価を得るためには


働くことで誰かを楽しくすることはできても、それだけでは対価を得ることはできないだろうとも言われました。何かが欲しいからお金を払う、払わないで得られるのならお金を払いたくない、そういう人からは対価を得られないでしょう。

対価というのはお金だけではありません。経済的な利益以外の対価があるとしたら、私の場合は楽しさを共有させていただくことです。それには飲む・食べる・遊ぶ以外の楽しさを持っていることが必要です。

人生後半戦で考える仕事と働くことの意味、誰かを楽しくする仕事と働き方が「新おとな学 Ver.2」 のテーマです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ